このページの見出し・本文へ移動します秋田県立医療療育センター

ホームご紹介受診利用される方へ医療関連療育関連アクセスお問い合わせ
ホーム>ご紹介

ご紹介


このページの本文へ移動します
理事長あいさつ

センター長あいさつ

秋田県立療育機構について
基本理念
スタッフからのメッセージ

  看護部
  リハビリ部門 
  通園部



採用情報

パンフレット(PDF:1.6MB) 別ウィンドウで開きます

日本医療機能評価機構認定医療病院



理事長あいさつ

写真:遠藤博之理事長 「秋田県立医療療育センター」が平成22年4月1日に開設され、本格的な活動を開始しました。新たに設立された地方独立行政法人「秋田県立療育機構」が当センターの運営主体となります。
 ところで、「医療療育センター」といわれても、「どんなことをするところなの?」と思われる方もいらっしゃると思います。
 “医療”は病院で行っている通常の診療と同じですが、このセンターを利用していただく方は、乳幼児期から何らかの病気や障害を持っているお子さま、そしてその心配があるお子さまです。ですから、そうしたお子さまたちの発達を支援する上で、特に重要なリハビリテーション医療を充実させております。
“療育”というのは、障害を持っていたり、持つかもしれないお子さまが、育っていく過程で出てくる「生きにくさ」をできるだけ軽くするための援助で、育児に対する支援や家庭、地域生活での様々な支援も含まれます。
 こうした役割を担うところは、県内には病院、児童デイサービス、障害児(者)福祉施設、相談機関など数多くありますが、「秋田県立医療療育センター」はそれら全ての機能を有しており、本県の療育関係機関の中核的な役割も果たすことを目指しております。
 これからは、「どんな障害にも対応すること」、「乳幼児期から成人期までのライフステージに応じた継続支援」を基本コンセプトに、役員、職員が一丸となって取り組んでまいりますので、県民の皆様におかれましても当センターに対し、一層のご理解とご支援をよろしくお願いいたします。


 ページの先頭に戻る

センター長あいさつ

写真:坂本仁センター長  この度は、当センターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。秋田県立医療療育センターは、「あきた総合支援エリアかがやきの丘」の中に、秋田県の療育の中心機関としての役割を担うことを目的として、平成22年4月開設されました。
 現在、当センターで行っております業務は多岐にわたり、病院としての入院・外来での診療、医療型障害児入所施設(旧肢体不自由児施設及び旧重症心身障害児施設)、医療型児童発達支援センター(旧肢体不自由児通園事業)、児童発達支援センター(発達障害児を含む旧知的障害児通園事業)、生活介護事業「よつ葉」(旧重症心身障害児者デイサービス)、発達障害者支援センター「ふきのとう」、地域療育支援事業などを行っております。
 それぞれの事業分野では、担当スタッフが一丸となって、安全で良質な医療・療育・福祉サービスの提供を目指しているところであり、加えて、県内各地域で療育事業を行っている施設、関係機関などとの連携や支援を進めているところです。
 今後とも皆様のご期待に応えられるセンターとなるよう、スタッフ一同取り組んでまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


 ページの先頭に戻る

ホームへ戻る
ウェブアクセシビリティ方針 | 個人情報保護方針 |  リンク | サイトマップ | PDFについて
       秋田県立医療療育センター 
       〒010−1407 秋田市上北手百崎字諏訪ノ沢3番地128  TEL : 018-826-2401 FAX : 018-826-2407
       Copyright © 2010 Akita Prefectural Center on Development and Disability. All Right Reserved.