このページの見出し・本文へ移動します秋田県立医療療育センター

ホームご紹介受診利用される方へ医療関連療育関連アクセスお問い合わせ
ホームご紹介>スタッフからのメッセージ(育成部)

ご紹介


このページの本文へ移動します
理事長あいさつ

センター長あいさつ

秋田県立療育機構について
基本理念
スタッフからのメッセージ

  看護部
  リハビリ部門
  育成部



採用情報

パンフレット(PDF:2MB) 別ウィンドウで開きます

日本医療機能評価機構認定医療病院


スタッフからのメッセージ(育成部)



 
 保育士 神成 由希乃

 私は平成31年4月に入職しました。最初は、初めてのことばかりで不安や緊張がありました。先輩職員の方々から業務内容や子ども一人ひとりに応じた支援方法、状況に応じた対応方法等について指導していただく中で、様々なことを学ばせていただき、少しずつ慣れることができました。
 センターには毎日たくさんの子ども達が通園し、笑顔にあふれた明るい雰囲気の中で働かせていただいています。集団や個別での関わりの中で、子ども達の日々成長する姿を感じられることは、とても嬉しいです。また、そのような場面に立ち会えることにやりがいを感じ、改めてこの職につけて良かったと思っています。まだまだ未熟なところばかりですが、日々学ぶことを忘れず、経験を積みながら様々なことを吸収して、より子どもと保護者の方に寄り添える保育士になりたいと思います。
(2020年4月掲載)

 写真:スタッフのミーティングの様子    大森山動物園遠足の様子
 
 保育士 加藤あかり

 私は令和元年度からセンターの保育士として働いています。まだまだ緊張や学びの多い毎日ですが、子どもたちにたくさんのパワーをもらいながら、楽しく充実した日々を過ごしています。
 通園では、毎日様々な活動が楽しく行われています。子どもたちとかかわっていく中で、一人ひとりの子どもに合った対応をする難しさを実感すると同時に、子どもたちの笑顔や成長を身近で感じることができるところに魅力を感じています。そして、母子通園施設であるからこそ、子どもたちのこういった喜びの瞬間を保護者の方と共にし、共有できるところも素敵だなと思っているところです。私は、保育士としてまだまだ未熟ではありますが、今後も先輩方から知識や技術をたくさん学びながら、子どもや保護者の方々に信頼してもらえるような保育士を目指して日々努力していきたいと思います。
(2020年4月掲載) 

           写真:アンパンマン体操をしているスタッフ

  
 保育士 押切 晶穂

 令和元年度4月よりセンターの職員となりました。不安や緊張の中でのスタートでしたが、日々学ぶことばかりで充実した毎日を過ごしています。
 私は育成部職員として主に入所している子どもたちとかかわっています。就学前の子どもたちへの保育だけでなく、入所児童の日常生活の介助や余暇活動の援助など、子どもたちが安心して楽しくセンターで過ごせるように支援を行っています。まだまだ分からないことも多く、周りの先生方に助けていただいたり、かかわり方をみて学んだりすることばかりです。また、病棟での業務なので保育士間だけでなく、看護師はじめ多職種間で連携して子どもたちへの支援を行う大切さも実感しているところです。
 子どもたちの成長や頑張りには驚かされることが多く、いつも元気をもらっています。一人ひとりと真摯に向き合い、寄り添える保育士になれるよう笑顔で頑張りたいと思います。 
 (2020年4月掲載)

 ひよこの部屋の壁面装飾   秋田駅の新幹線と所外保育の様子

   

  療育関連

 ページの先頭に戻る

ホームへ戻る
当サイトについて | ウェブアクセシビリティ方針 | 個人情報保護方針 |  リンク | サイトマップ
       秋田県立医療療育センター 
       〒010-1409 秋田市南ケ丘一丁目1番2号  TEL : 018-826-2401 FAX : 018-826-2407
       Copyright © 2010 Akita Prefectural Center on Development and Disability. All Right Reserved.