このページの見出し・本文へ移動します秋田県立医療療育センター

ホームご紹介受診利用される方へ医療関連療育関連アクセスお問い合わせ
ホームご紹介>スタッフからのメッセージ(看護部)

ご紹介


このページの本文へ移動します
理事長あいさつ

センター長あいさつ

秋田県立療育機構について
  
  中期目標・中期計画 
  年度計画・実績
  財務諸表・事業報告書
  各種規程・届出承認事項等一覧
  障害者就労施設等からの物品等の調達方針・実績
  業務概要 
 

基本理念・基本方針
沿革、組織図、役員名簿
利用者の権利・責務 
スタッフからのメッセージ

  看護部
  リハビリ部門  
  育成部
 


採用情報

パンフレット(PDF:2MB) 別ウィンドウで開きます

財団法人日本医療機能評価機構認定医療病院



写真:ひばり病棟ナースステーション









写真:感染予防の様子
























写真:余暇活動

スタッフからのメッセージ(看護部)



 
 

杉の子病棟 看護師 平野 優葉

  杉の子病棟は、肢体不自由児を対象として手術や治療、訓練を行っています。これまで、入所している児の日々のケア、周手術期の全身管理、術後の処置などを経験してきました。その中で術後の処置やリハビリを通して元気に退院していくときや、子どもから名前を覚えて呼んでもらえたときにやりがいを感じています。
 また、子どもの日々の生活を共にしてみて、一人ひとりが違う疾患を持ち、性格も理解度も異なることを実感しました。そのため個別性を出し支援していくことが大切だと学びました。今後も先輩方から多くの知識と技術を学び、子どもが安全に安心して治療を受け、生活ができるよう努めていきたいと思います。
 (令和3年5月掲載)
 
 写真:杉の子病棟ナースステーション   写真:整形外科手術の様子
          

 
 

ひばり病棟 看護師 阿曽 美由樹

 ひばり病棟には、日常生活全般において全介助を必要とする重症心身障害児が入所しています。人口呼吸器を装着していたり、言葉で意思を表現することが難しい子も多くおり、全身状態の観察を含め、濃厚な医療的ケアを必要とする子がほとんどを占めているのが特徴です。
 私は2月よりひばり病棟に移動してきました。人口呼吸器を装着した子どもたちの看護に携わることは責任重大ではあります。しかし、先輩看護師や他職種の方と一緒に日々子どもたちにとって病棟は治療の場だけでなく生活の場であることを実感しています。今後も全身状態や表情をよく観察しながら自分自身が看護師としてできることを考え、子どもたちが豊かに生活できるように支援していきたいです。
 (令和3年5月掲載)
 

 写真:ひばり病棟12床室の手前側   写真:ひばり病棟12床室の奥側
 

 
 

外来 看護師 岸部 早希

 外来には、小児科(腎臓、心臓、外科を含む)、整形外科、小児科メンタルヘルス、こころのケア、歯科、耳鼻咽喉科、眼科、リハビリテーション科の診療科があります。発達検査や、生理検査(採血、脳波、心電図等)、CT、MRIなどの検査設備が整っております。外来での患者さん、ご家族との関わりは短時間であるかもしれません。しかし、その中で状態を適切に判断し、最善な治療や相談対応を行うべく職員一同努めております。患者さまとご家族の不安が軽減でき、充実した生活を送ることができるよう、わたしたちは話しやすい雰囲気やあたたかみのあるコミュニケーションを心がけていきたいと考えております。
 (令和3年5月掲載)
 
 写真:外来窓口   写真:診察室
        

 
 

歯科外来 歯科衛生士 津嶋 亜希子



 歯科外来では、一般の歯科医院への通院や治療が困難な方を対象に診察を行っています。患者さんの特性を考慮し、それぞれにあった方法で、付き添い者の方たちと十分な相互理解のもと治療にあたっています。
 診察室内は車いすやバギーが十分に置けるスペースがあり、待ち時間も少ないように予約制を取っています。
 歯科は苦手な方が多く、なかなか好まれない場所ですが、口腔の健康維持のため予防から治療、その後の継続的な管理まで、なるべくストレスの無いように安心して受診していただけるようスタッフ一同努めております。 
 (令和3年5月掲載)
 
    
 写真:歯科診察室   写真:歯科待合室
  
 

生活介護事業所(よつ葉) 看護師 本間 優香子



 よつ葉は、ご自宅で生活されている障害支援区分6で18歳以上の方を対象に入浴や食事などの日常生活のお手伝いや療育活動、経管栄養・吸引などの医療的ケアを提供しているデイサービスです。療育活動では季節に合わせた制作やリラックス効果のあるマッサージを行うなど様々な活動を提案し、利用者様の興味を引き出せるような関わりを心がけております。相談支援員や他施設と連携し、利用者様やご家族の生活がより豊かになるよう、また利用者様が安全に安心して楽しく過ごしていただけるよう職員一同努めております。
 (令和元年12月掲載)
 
写真:人口呼吸器点検の様子  写真:生活介護事業所内のハロウィンの様子
 


  看護部
 
 ページの先頭に戻る

ホームへ戻る
当サイトについて | ウェブアクセシビリティ方針 | 個人情報保護方針 |  リンク | サイトマップ
       秋田県立医療療育センター 
       〒010-1409 秋田市南ケ丘一丁目1番2号  TEL : 018-826-2401 FAX : 018-826-2407
       Copyright © 2010 Akita Prefectural Center on Development and Disability. All Right Reserved.