このページの見出し・本文へ移動します秋田県立医療療育センター

ホームご紹介受診利用される方へ医療関連療育関連アクセスお問い合わせ
ホームご紹介>スタッフからのメッセージ(リハビリ部門)

ご紹介


このページの本文へ移動します
理事長あいさつ

センター長あいさつ

秋田県立療育機構について
  
  中期目標・中期計画 
  年度計画・実績
  財務諸表・事業報告書
  各種規程・届出承認事項等一覧
  障害者就労施設等からの物品等の調達方針・実績
  業務概要 
 

基本理念・基本方針
沿革、組織図、役員名簿
利用者の権利・責務 
スタッフからのメッセージ

  看護部
  リハビリ部門
  育成部



採用情報

パンフレット(PDF:2MB) 別ウィンドウで開きます

日本医療機能評価機構認定医療病院


写真:勉強会の様子(実習)

写真:勉強会の様子(意見交換)


スタッフからのメッセージ(リハビリ部門)



 
 

PT(理学療法士)  仲村 真哉



 令和元年度に入職しました理学療法士の仲村真哉です。
理学療法では、日常生活に対応できるように遊びを取り入れながら、発育・発達に合わせ、その時々に必要な運動や動作を練習し促します。私は、その役割を果たすために、日々、どのような工夫・遊びを取り入れたら子どもたちが意欲的に理学療法に取り組むことができるかを試行錯誤しています。疑問や悩みは絶えません。その際は、先輩方にご相談し、ご指導・ご助言いただき、解決に努めております。
 日々勉強の毎日ですが、子どもたちの成長に携われる喜びは何にも代えられません。子どもたちのできるようになった時の嬉しそうな反応からやりがいが感じられ、私自身も充実した理学療法を行えております。
 今後は、より一層お子様に即した理学療法を提供でき、信頼していただける理学療法士を目指して頑張ります。 
(令和2年5月掲載) 

写真:歩行分析の様子     写真:PT室内のスタッフ
 
 
 

OT(作業療法士) 秋山 郁菜絵



 作業療法では、遊びを取り入れたさまざまな作業活動や運動を通して、子どもたちの発達を促すように治療を行っています。また、日常生活での活動や学習および人との関わり方など家庭や学校、社会での生活が豊かになるように支援しています。
 センターは、子どもたちの真剣にリハビリに取り組む表情やたくさんの笑顔にあふれており、毎日元気をもらっています。また、できなかったことができるようになった時の反応や得意げな顔をご家族の方と共有できることに嬉しさ・やりがいを感じています。
まだまだ未熟なため、勉強、勉強の毎日です。勉強熱心な先輩方に相談し、アドバイスを受けながら日々、たくさんのことを学んでいます。今後は子どもたちの発達に応じた作業療法を提供し、“できた!”を共有することができる作業療法士になりたいと思っています。
(令和2年5月掲載)

写真:ADL室内のスタッフ     写真:OT室とスタッフ
 
 

ST(言語聴覚士) 福嶋 優芳



 私は学生時代から小児領域のリハビリに携わりたいと強く希望しており、子どもの支援に特化した当センターに就職することができました。ここでは、医療だけでなく教育とも連携し、地域に根差した発達支援を行うことができ、とても充実した日々を過ごしています。
 言語聴覚療法は聞こえやことば、食べることに関わっており、子どもたちの「伝えたい」「食べたい」という気持ちを大切にしながら、リハビリを実施しています。
 コミュニケーションや食事は日常生活に欠かすことのできないものです。
「お話しすることが楽しい」「ご飯の時間が楽しい」と思ってもらえるよう日々努力しています。
 業務の中で悩むこともありますが、先輩方がアドバイスしてくださり、問題解決へと導いてくれます。また、子どもたちから学ぶことも多く、とてもやりがいを感じています。
 これからも子ども一人ひとりの特性に応じた言語聴覚療法を提供していきたいと思います。
(令和2年5月掲載)
 
      写真:ST検査用具

  リハビリ部門

 ページの先頭に戻る

ホームへ戻る
当サイトについて | ウェブアクセシビリティ方針 | 個人情報保護方針 |  リンク | サイトマップ
       秋田県立医療療育センター 
       〒010-1409 秋田市南ケ丘一丁目1番2号  TEL : 018-826-2401 FAX : 018-826-2407
       Copyright © 2010 Akita Prefectural Center on Development and Disability. All Right Reserved.