このページの見出し・本文へ移動します秋田県立医療療育センター

ホームご紹介受診利用される方へ医療関連療育関連アクセスお問い合わせ
ホーム医療関連>医療機器・情報管理室

医療関連


このページの本文へ移動します
診療科

小児科

小児科メンタルヘルス

精神科こころのケア

整形外科

リハビリテーション科

歯科

耳鼻咽喉科

眼科


リハビリ部門

薬剤部門

放射線部門

臨床検査部門

臨床心理部門

看護部

栄養指導管理部門

医療機器・情報管理室



医療機器・情報管理室

  •  当センターでは医療機器・情報管理室を2019年4月に開設いたしました。医療機器・情報管理室ではセンターご利用者様に安全な医療を提供できるように医療機器及び情報システムの管理を行っております。 

    医療機器の管理について

    •  当センターでは、生命維持管理装置である人工呼吸器をはじめ多数の医療機器が使用されています。当室では医療機器が安全に稼動出来るよう、機器の点検・調整を行い安心して医療が行える体制を整えています。 
    •  これら医療機器管理の実務は臨床工学技士が担当しています。臨床工学技士は、1987年に制定された医療に関わる職種としては比較的新しい国家資格です。臨床工学技士は医師の指示のもと、医療機器の操作及び保守点検を業とする専門職種です。 
    •  現代医療には医療機器は欠かせません。医療機器の高度化が進んだ現在では、より一層適切に操作・調整することが求められるようになっております。当室は、医療機器を通してセンターご利用者様に安全な医療を提供できるように努めてまいります。
      

    情報システムの管理について

    •  当センターでは医療療育情報システムや院内情報共有システムなどの情報システムを導入し、医療や療育の現場で使用しております。当室では、システム導入の基本方針「医療と療育の質の向上」「ご利用者様の利便性の向上」「業務の効率化集約化」「安全な医療と療育の提供」「医療・療育情報の一元化」を踏まえて、各システムの管理運用業務を行っております。
    •  近年、医療福祉分野では情報処理・情報通信の技術の発展は目ざましく、多くの環境にコンピューターが関係する時代となっております。当室は、情報技術の動向を調査し各部署のスタッフと連携を取りながら、医療福祉サービスの向上に努めてまいります。 
  •        
    写真:人工呼吸器写真:各種ポンプ写真:システム管理の様子

 ページの先頭に戻る

ホームへ戻る
当サイトについて | ウェブアクセシビリティ方針 | 個人情報保護方針 | リンク | サイトマップ 
       秋田県立医療療育センター 
       〒010−1409 秋田市南ヶ丘1丁目1番2号  TEL : 018-826-2401 FAX : 018-826-2407
       Copyright © 2010 Akita Prefectural Center on Development and Disability. All Right Reserved.